« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

リリー・フランキー

Lily 人間観察?

学生のころサークルの飲み会でそんな事を実施している先輩がいた。

なんだか、年寄りくさい奴だな、そんなコトを趣味にしてる奴なんて取ってもツマンナイ人だと信じていた。

だって、観察だもんね、所詮。やっぱ自ら動かなきゃだめでしょ・・・

しかし。リリー・フランキー<人間観察がライフワーク

彼の「誰も知らない名言集」爆笑モノでした。兼好さんにオススメ。

くだらない。くだらなすぎて、真理をついてるかもしれない。

そんな事ドーデもいいって思えるところが素晴らしい。

ゴールデンウィークは「東京タワー」いってみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

見ちゃだめ

Mrssmith 先週僕は疲れていた。

別に日本の平均的サラリーマンより忙しかったわけでもないと思うけれど、あの無敵を誇る兼好氏でさえ時にはダウンするのだから時にはテンション下がってもいいでしょう(自ら許してみる・・・)。

そんな折、ブラピファンのぺユミンがMr&Mrs SmithというDVDを買ってきた。

その日、勝手に見ようとしたら「私が見るまでみちゃだめ!」といわれたので、ペユミン&サクランが寝静まってから早速ひとりで拝見させて頂きました。

ばれるかと思ったらばれないので、そのままにしていたら今日になって「Mr&Mrs~見た?」と聞かれたので、見てないよと言ってしまった。

どうしましょう。

ちなみに内容は夫婦喧嘩モノでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

電話対談@小泉氏

Koizumi 日曜の朝はなぜか政治のハナシの番組が多い。

なんで、せっかくの休日に竹島問題だのでお隣さんの文句を聞いたり、小沢イチローのむっつり顔を眺めにゃならんのだ。

日曜日はそういうコトを考えなくて、いい日なんじゃないの??

そこで、友人の自称総理大臣の小泉純一郎君に電話してみた。

さんだ「なんでテレビは日曜の朝っぱらから政治の話するのでしょうか?」

小泉「人間いろいろ、テレビ局もいろいろだからね。だいたい僕に電話してる時点で、君も政治のハナシをしてることになるんだけどね」

さんだ「そうか、毒を食らわば皿もでも。それでは総理。格差社会についてどう思われますか?」

小泉「働かざるもの食うべからず」

さんだ「働いても豊かにならないのですが・・・」

小泉「じっと手を見る!」

さんだ「投げやりですね」

小泉「日曜は政治のハナシするのやめようよ」

さんだ「そうだよね・・・」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

りーち

Bride 早いものでついに禁煙10ヶ月めに突入。

実はタバコは体によいので、政府が一人一日1箱支給されることに決定されました!

とでも、言われない限り復活する見込みはなくなってきました。

よって、6月20日ごろ卒煙宣言します。

最近ハマリそうなコト。

去年、伊藤園のコーヒー缶にプリントされてたミュシャにはまって以来再び、ハマリそうな映像を見た。

ティム・バートン作「コープス・ブライド」(図参照)

ビートルジュース(題名は知ってるけど見たことない)でメジャーデビュー後、シザーハンズやマーズアタックなんかを監督した人の映画(だったと、後でわかった。)

マーズ~はともかくシザーハンズは元々興味深い映像だったので、ずーっとひっかかっていたけど、あの不思議な感じの映像はやっぱコノ人の仕業によるものだったか!と、真犯人を突き止めたカンジであります。(感動)

そーいえば、何ヶ月かまえティム・バートンの展覧会(?)かなんかやってなかったけ・・・?勘違いのような・・

あーあ。ろばの記憶力では、すべてが朦朧としている。

付録

たいちょー>たぶん寝ます。

空飛ぶ嫁>おすすめ。え?もう知ってる?

まるせりーの>たぶん受け付けない。

こーちゃんまま>以外にハマルかも、え?やっぱ知ってた?

みーたんファミリー>8割がた×

いけぴー>あ、知ってますよね、失礼しました。

かっきー>見てる暇ないですね。失礼しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

解明しました。

Usi やはり、例のハナシはイケピーの言う通りグリム童話「寿命」だそうです。

「グリム 寿命」で検索すると沢山ひっかかります。

登場人物はロバ、犬、サルでした。牛はかんけーねーだろってトコでした。

このハナシの動物たちは、こんな人生長く生きても仕方ないと達観しているのに対し、万物の霊長たる人間様がそんなことにも気づかず余計な苦労を背負い込むカタチで、寿命を得る。

そんなとこに底知れぬアイロニーを感じつつ最後はサルの人生を得て、アルツハイマーになって道化として死んでゆくという無常観。

う~む。諸行無常。

グリム童話 子供にそんなハナシを聞かせてどうしようというのだろう?

でも、いいストーリーだとおもいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »