« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

それが私の生きる道

Prof_1 軍隊は必要か。そしてこの国の行方は?天才遊び人 兼好氏はたまにそんな設問で周りを悩ます。

軍隊って、国家体制の保持の為にある。と思う。国民を守るのは二の次だ。嫌味ではなく。厳密に言えばそうでじゃないか?

たぶん東京を守る為なら北海道は戦場になるが、北海道を守る為に東京が戦場になるはずが無い。不毛な理論かもしれないが。

だから、軍隊の必要、不必要の立場はその人の社会的立場、地位といってもいいかもしれないが、そんなもによって変わってくる。

その社会で中枢を占める人たちにとって現在の国家、社会システムは変わって欲しくないものである。積極的な防衛体制が必要である。

でも、反主流な人々にとったらこんな国さっさと崩壊して欲しかったりするのである。昔はそれが共産主義者だったりしたのかもしれない。

今だって、共産主義でなくとも現在の社会にそれほど恩恵を受けてないと思ってる人にとったらこの国を守る軍隊なんてドーデもいい存在である。

じゃあ、ボクはどっちなんだろう?ワーキング・プアというほどでもないが、大富豪というわけでもない。今の生活で満足しろといわれればそんなモンかという気もする。

どちらの意見にも積極的に組する積極的な理由がないのです。

きっと、前向きな気持で明日に突き進んでくぞ!って気持ちの時は「軍隊必要!」と熱弁するだろうけど、目の前の仕事に追われてブルーな時は「んなモンどーでもいいわい」って力説するでしょう。

そんな、矛盾に満ちた自分である事がいい加減理解出来てきましたので、最近「自分の意見」って奴が述べられないのです。

でも、考えなきゃいけないことなんですよね。今回はあえて軍隊の存在意義を単純化して一面からのみ照らしてるけど、そこらへんの切り口も気分によって変わるでしょう・・・

今の気分は・・・「殺し合いとか疲れる事は、やめよーよ。」・・・ですね。

理屈になってないな。ヒトリゴトです。レスつけないで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっちまたぁ~

Y8title 編集後記に「次回作も期待してます!」とか書いてもらっといて、ボツってしまった!

期待を裏切ってしまったのかな?どきどき。←小心者

だって、期待されるの苦手なんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御礼申し上げます。

デイリー4こまグランプリVOL.7におきまして私の描かせて頂きました「長男 三郎」が初優勝いたしました。

ご投票いたただいた皆様に厚く御礼申し上げます!!

私自身の感想としましては、絹井けいさんの「目覚めた時計」の方が面白い気がしたのですが、おかげさまで初優勝。この勝利を胸にまた訪れるボツ地獄の苦悩を耐えてゆきます。

本当にありがとうございました。

さんだ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

え!?

Y7title 久々に載りました!

しかも善戦してます!シンジラレナ~イ!(ちょっと古いか・・・)

http://4koma.livedoor.com/y1/work/sannda2007/vol7.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PW万歳

Modoru_1 ボクはあきらめていたパラワールドからの原稿料。

なんと振り込まれました。

さすが、奥様。なかなかの債権回収能力です。

ちなみに原稿料は、旅行会社の写真に騙されて予約しちゃったゴールデンウイークの旅行代に当てたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じーとるびー!

Geatles 先日、「ベースギターはバイオリンと一緒!」という世迷いごとに惑わされ、ちょっとさわったら大やけど。むりだ。やっぱり無理だ。ギターも無理だったけどベースだって似たようなもんじゃん。

あきらめられないとこは、続けましょう。あきらめられる事は、すぐにあきらめましょう。

そこで、一応は弾けるバイオリンでリベンジ。以前オクサマに買ってもらったエレキバイオリンです。

ひき方自体はアコースティックのバイオリンと一緒なんだけど、悪い言い方をすると、表現力が弱い。しかしボクのようなヘボがひくには表現力の弱さゆえヘボなトコが音に出ずに済むというメリットに変わっちゃうんですな。

そんな訳で、遊びのジェダイ・マスター キャプテン・チョビーさんと代々木公園(の横の道路に路駐)で初ライブ!

イエスタデイ・いとしのエリーなんかを熱演。途中婦人警官が巡回にくるも我々の「マイ・ウェイ」の演奏に感動したのか何も言わずに退散していった。

初めは怪しかったけど、最後の方は結構聴ける演奏になっていたと思う。

次回は、もっとアップテンポな曲に挑戦しようと誓った「ザ・ジートルビー」でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »