« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

「悲劇的作戦」早くもボツ!

Hirenaititle 悲願の3連続掲載ならず。

・・・来週はどうだろ。

3匹目のドジョウを探します。

http://homepage2.nifty.com/bakedanuki/hi-rennai.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御礼

入賞こそ逃したもののおかげさまでなかなかの粘りのある戦いをさせていただきました。

投票していただきありがとうございました。

Higekitekioyaji 起死回生のチャンスをくれたこのおやじ。モデルはわれ等が日本国総理大臣 福田せんせです。

最初はこいつと小沢せんせあたりを登場させてモロ政治ネタをやろうとしていたのですが、政治漫画。これはこれで1ジャンルを築く奥深い世界。

さる国では命がけで描くほどのものでありますから、これぞ男子の本懐 体制批判もできずに何が漫画だ!?

と、勇ましい意見もチラッとひらめいたのですが、団塊ジュニアの軟弱者にそんな気概があるわけもなくとりあえず政治ネタ、時事ネタをこれ以上掘り返すのは中断致しましたのであります。

ただ、あのとぼけた(ように見える?)キャラだけいただきました。あの雰囲気いいですね。純ちゃんのようなオーラはまったくないけど、見たとたん日曜日の朝10:30みたいになっちゃうあの脱力感。たまりません。

でも、3本目を描いてるうちに福田せんせが笑瓶みたいになってきました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日

家族サービス。

ズーラシアなる動物園にいってきました。

始めていくところにはネタが落ちてることが多い。結果的に言うと落ちてなかった…というより見つけられませんでしたが。

ちなみに肝心のわが娘も近所にある「きりん公園」のほうが行きたかったらしい。

子供って、そんなモンよね。

Dcf_0063_3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

載せてもらったが・・・

Sannda200769d3edb07681abd7b080b90f1 描いてるときは結構自信あるのですが、いや、掲載される瞬間まで自信あるんだけど、イザ掲載されてみると・・・

はあ・・破壊力ないですね。

そして、誰も時事ネタやってないとこに一人時事ネタやってると、なんか手抜きっぽい雰囲気・・・

次回は、脱時事ネタいたします。

そして、絵ももっと工夫してみます。

ボツかもしれないけど・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

vol.33終了

相変わらず、人気イマイチでしたがご投票いただき有難うございました。

次回もまた2匹目のドジョウを狙います!!(いたためしはないが。)

そろそろ、掲載率を上げたいのですが・・・!?

P.S.

!!最近僕のブログにつくコメントと言えば「ブログペットのちゅう太」のインチキAIからのたわごとオンリーだったので、ついチェックが甘くなっていました;;

Y-1参戦してから久しぶりに素敵なコメントがいただけました!ありがとうございます!>七誌さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どおでしょう?

Sannda2007ab4222f350137f11a2dc1571b 前回は気負いすぎました。

もちろんモデルは守屋事務次官。4コマに収めるには無理があったか。これはわかりずらかったですね。

今回は、反省しつつ考えた。時事ネタ特に政治ネタを直接もってくるとなんかシツコイ感じになる。そこで、今回は時事ネタ的要素も加えつつ万人に理解しうるオチを用意してみました。

ただ、万人ウケを狙うとネタは面白みに欠け・・・というか予測されやすくなる・・・というか、意外性に欠ける・・・というか、そのすべてな感じになるわけです。

そこを、おもしろく描くのが腕の見せ所なんだけど、そんなウデもない。

・・・ま、ネタはそんな風に考え、画風もちょっとアナログ寄りにしてみました。

あんまり、未来志向ではないけど気持ちは新規開拓、パイオニアスピリット半開です。(全開ではない。)

何が言いたいかわかりませんね。すいません。でも、今回もどーぞ宜しくお願いします。

http://4koma.livedoor.com/y1/work/sannda2007/vol33.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3位入賞

今回もボツだろうと、やっつけ気味のまま投稿してしまいましたが逆にシンプルになって見やすかったようです・・・

次回もこの路線で挑戦します!よろしくお願いします。

投票していただいた皆様!ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »