« 泣き事 | トップページ | 暇があっても漫画は描けない。 »

ネタ中毒

アイデアが次から次へと浮かんできて、マンガにするのが追い付かない。

なんていうのが理想なのですが、当然そんなことはなくむしろネタ不足。

いや、ネタ自体はインフレ気味に世の中に溢れているのだけれど僕が漫画に還元できないだけといった方が正確のようだ。

今は「押し付けな笑い」より「ゆるい笑い」が求められているらしい。そういえばグランプリでもただの厭味で終わる漫画は没、多少なりとも「救い」のある漫画は採用されていた気がする。

ビートたけしも言っているように「笑い」って毒なんだろう。そこに「救い」という反対の要素があると作品として完成して見えるというのは、絵画においても反対色を配することで絵を組み立てる事に似ている。

そんな、「マンガの作り方」みたいな事を思いついたからっと云って、面白いマンガが描ける訳ではないのですが、一応アイデアを考えるときの足掛かりとして忘れないように、書いておきました。

|

« 泣き事 | トップページ | 暇があっても漫画は描けない。 »

まんがのこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117369/41053857

この記事へのトラックバック一覧です: ネタ中毒:

« 泣き事 | トップページ | 暇があっても漫画は描けない。 »