« 暇があっても漫画は描けない。 | トップページ | 待ち。 »

買うのはオマエじゃない。

営業でよく言われる事で、たとえば最近の「ブルーレイ・レコーダー」操作も扱いもややこしくて、ディスクのヴァージョンの確認などメディアとのリンクも中途半端、しかも立ち上がりが相変わらずおそい。

誰がこんなモン買うんだ?→売れる訳ないじゃん!

そこで、名言「買うのはお前じゃない、お客さんだ。」となる。

売る側が勝手に判断するな、買うか買わないか決めるのはお客である。という事なんでしょう。

pen 話しは再びネーム出しの事。

仕事で受けている以上、一つのアイディアがあったとして、描かせるか描かせないか決めるのは発注者である。

発注者は読者の希望を想定して選別しておられるのだろうけれど、僕の立場で見れば全権を握っているのは、ライブドアの担当者氏である。

「担当者の気に入りそうなネタを~」って話はよく聞くのだけど、僕は担当者氏に会ったことはない。メールでのやり取りのみ。以前松尾先生も自身のブログで語っておられたが、僕も半分担がれてんじゃないかと、自分の作品が掲載されるまで半信半疑でした。

そんな、訳で担当者氏の好みなんてわかるはずもなく、そんな高等手段でボツを乗りきる技は使えない。

だからと言って、何でもかんでも乱発したんじゃ、あちらもメイワクだろうし・・・と思って自分で自分に没を乱発すると、描けなくなる。

そこで、やっと「買うのはお前じゃない」の話に行きつくのであります。

買うか買わぬか判断する権利はお客様にある・・・。

なんだかんだ言ったところで、僕は単純な人間であるから自分で一度ボツって思っても他人様に「意外に面白いじゃん」と言われちゃえば、すぐに気持ちが変わっちゃいます。

まだまだ、甘いボクですので自分の中だけで「最高」決めずに自分の正義感が許す範囲でネームを出して行こうと、この文章を打っていて思い立った次第であります。

rain

ライブドア様より提案された「5月下旬のテーマ」の中にはボクの得意なネタがあまりなく、「時事4コマ」全体をもっと癒し系路線にされようとしているのかな?と少々ビビっております。

他の4人の先生方の傾向からいっても、僕が日常・ヤワラカ系な話を描いても勝ち目はないし、つぶしあいになったんじゃばかばかしい。

ただ、時事ネタなら基本OKなので、とりあえず今回は自分で探したネタで正義感が許す範囲のネームを描こうと思っております。

最終的に面白いかどうか判断するのは読者なんだもんね。happy01

|

« 暇があっても漫画は描けない。 | トップページ | 待ち。 »

まんがのこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117369/41160649

この記事へのトラックバック一覧です: 買うのはオマエじゃない。:

« 暇があっても漫画は描けない。 | トップページ | 待ち。 »