« ちょっと忙しかったです。 | トップページ | ルノー カングー »

かよー曲

僕の母は、唄好きだった。いや、まだ元気に生きてますが。

幼少の頃、「正統な」唄・音楽好きの母は、シャンソンとかクラシックばかりを推奨して例えば当事ニューミュージックだった松任谷由美(当事はたぶん荒井由美)とかサザンなんかを毛嫌いしていた。

Baiorin

当然アイドル系バンド系は音楽と認めていなかった。

な、ワケでいわゆる歌謡曲に偏見を持ったままボクは大人になってしまったのです

music

で、ここからまたジジ臭くなるのだけれど、それでもココロに響く曲はあったんですな。

そういった環境で育った為に、CDとか(当事はテープかcoldsweats02)は買わなかったので、なんとなく流れていたのを脳内メモリーにそれとなく保存されていたのですが、近年のITテクノロジーのお陰で過去の思い出が今蘇るのですなぁ(←完全にジジィ入ってます。)

ユーチューブ。すばらしい。微妙に音源が悪いトコなんかもノスタルジィを誘います。

EX.渡辺美里 今CD手に入るのでしょうか?まず「マイ レボリューション」から

♪「夢を追いかけるなら、たやすく泣いちゃダメさ~」

♪「君のホントの悲しみなんて自分一人で癒すものさ」

続いて「BELIEVE IN」

♪「平凡すぎる毎日と今を嘆くよりも~追いつく自分の弱さを追い越してゆきたい~」

♪「夢を夢のままでは~終わらせないでいて~」

すばらしい。バブル前夜の夢イッパイの時代を感じます。

二児の父となってしまったボクとしては、大した挑戦もしないで判った様な口をきく大人になっちゃいかんと、やっと気づいて遅ればせながら漫画界に片足を踏み入れさせてもらっておるわけです。

最後に名曲リンドバーグ「リトル ウイング」

「誰もがみんな、口をそろえて、無駄な事だと

白い目でボクを見るけど~」

途中もまたいいのだけど中略

「夢を追えばいつも、傷つくことばかり

置き去りにしたまま、どこか遠くへ逃げてしまえば~

だけど君が信じてくれた

きっと出来ると

だからもう僕は迷わない

小さな翼がボクを呼んでる~」

なんちゅうか前向きで素直な時代だったんですかねえ。

なんか退廃的な今でこそ流行ってもらいたい曲想であります。

ホントはボクなんてもう「白い目で見る」側に回らなきゃいけない立場なんでしょうけど・・・。

|

« ちょっと忙しかったです。 | トップページ | ルノー カングー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117369/42884138

この記事へのトラックバック一覧です: かよー曲:

« ちょっと忙しかったです。 | トップページ | ルノー カングー »