« ルノー カングー | トップページ | え?ニフティも? »

おれたちに休みはない

わが社の休みは週休一日、日曜のみ。

世界恐慌一歩手前のご時世で、まあそれなりにやることあるならむしろ感謝すべだろう。

ここのところ、たまの休みも、もう一方のワラジ漫画の仕事で潰れたりする。

しかし、(たぶん)漫画描きって、休みの日は漫画描きたいんですよ。どうせ。

それが仕事だったりすると、他のネタ描きたかったりするけど、そこら辺はないものねだで、ネタ考えてる時は早く作画に入りたいし、作画してる時は次のネタ考えたいし・・・。

空いた時間は、「次の構想」なんです。

家族サービスとかも、別に嫌ではないです。それはそれで楽しいですし。電気屋の方もまあリフレッシュ出来て最近いいなと思ってます。結構取材になりますから。

ずっとパソコンに向かって絵描いてるのは、意外に疲れるモノで、エアコン取り付けてる方がよっぽど楽です。

ただ眠気だけは、かなわない。頭が固まって、構想はおろか単純な作画もできなくなってしまう。

ま、ぼくは寝ちゃうんですけどね。

「コンビニ番長」ふくた いさお先生の名言 「昼寝は夜の3倍!」

最近、結構昼寝してます。だって効果絶大ですもんhappy02

|

« ルノー カングー | トップページ | え?ニフティも? »

まんがのこと。」カテゴリの記事

コメント

連載への登用おめでとうございますhappy01
好きな道で評価されると、それはそれは天にも上るいい気持ちnoteです。
やる気も出るし、世界も広がる。
一流への入り口でもあります。

別の世界ではありますが、一流?になってしまった時の苦労(失敗談?)を老婆心ながら、一言。

家族にとってもさんださんが外から評価され、少なからず収入にもつながっていれば歓迎の意を表してくれます。
しかし、それは多分最初の頃だけだと思います。

一流の世界で生きる‥ということは普通の世界を生活する事とはまるっきり違うので、物理的にも精神的にも普通の生活を端折らなければなりません。
しかし家族は夫であったり、父親であったりすることを一流であること以上に望みます。
一流と普通を両立できれば何の問題もないのですが、そんなことは並大抵では出来ません。
それが出来るのは超一流か夢の中だけなんだと思います。

先日超一流のマンガ家赤塚不二夫の物語をテレビで放映していましたね。
あんなに超一流でも結果的に普通の家庭は崩壊していましたね。
さんださんが始めた挑戦にブレーキをかけるつもりは更々ありませんし、むしろ熱烈に応援する立場でいるつもりですが、私には出来なかった両立を期待するとともに、そういう問題点の存在もお知らせしなくては‥と思い、書き込ませていただきました。

老婆心であることを切に願っています。

投稿: 一流の端くれ(過去形) | 2008年11月 4日 (火) 10時18分

そうですね・・・。
両立出来ないくらいの超一流になっちゃえるなら、それも男のロマンだとおもいますが( ̄ー ̄)ニヤリ。

まだまだ、駆け出しのひよっ子絵描きです。

これぐらいで、両立できないようじゃ更なる上はめざせないでしょう!?

いや、ご忠告有難うございます。
がんばります!

投稿: さんだ@亜流 | 2008年11月 6日 (木) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117369/42900697

この記事へのトラックバック一覧です: おれたちに休みはない:

« ルノー カングー | トップページ | え?ニフティも? »