« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

シトロエンDS

その存在は以前から知っていたけど、先日初めてウチのそばに路駐している実車をみた。

おお。しぶい。

クルマなんて「走ればなんでもいい」と思っていたけれど、これなら所有してみたいと思った。

でも、コレ走らせるだけでも大変なんだろうなあ・・・。

Citroen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ「田母神論文」の続き

右寄りなことを書いてきたので、今度は左よりな意見。

国に誇りを。国家を守る軍人に敬意を。

素直に受け取ればそれはその通り。文句ない。が、太平洋戦争当時を知る方の昔話を聞くとまた違ってくる。

日本人は権威に弱い。そこへ持ってきて「軍人」なんかを作りだすと、とんでもなくえばりだす。そうだ。

たぶん「ホタルの墓」とか、「硫黄島からの手紙」に登場する軍国オヤジ・憲兵隊の雰囲気だろう。僕のような「戦争を知らない世代」のジュニアでもダイレクトに伝わってくるデジャブ感。

なんか、民族に刷り込まれた負の体質を感じる。

以前横須賀の海軍基地で仕事(電気屋の方)をした時。

ここに番兵というか門番みたいのがおって、許可をもらわないと入れない仕組みになっているのですが、この雇われ門番(日本人)のえらそうなこと!

虎の威を借る狐ならぬヤンキーの威を借るイエローモンキーとはこの事か。

むしろ、当のアメリカ兵の方がよっぽどフレンドリー。ガムかなんか食ってまんまアメリカン。

戦後日本人がアメリカになついて、自国というか旧日本軍を忌み嫌ったのもわかる気がする。

たとえば、自分が一番嫌いな奴が、日本軍軍人とかになっていて町を我が物顔に闊歩している世界を想像してみる・・・。

Kenpei

そういう一番嫌いな奴が、ちょっと遊んでると「国家の大事に何をやっとる!?」とか言ってくるワケ。

日本人は良くも悪くも「みんなと一緒」が好き。自分がこんなに「国家」の事を考えてるんだから「みんなも考えようよ」なんだろうけど、変に正しい事と思ってるからなんか高圧的に言ってくるんですよ。たぶん。

こんな世界嫌ですね。かの国に多少なめられても、今の方がいいかもしれない。

でも今だって同じで、人は自分が正しいと信じると攻撃的になる。

派遣切りにしたって、かなりの割合で「そんなん、定職につかなかった自分が悪いんじゃん」とか思ってるんだが、その手の方に「こんなに困ってる人がいるのに国は何もしないのか!?」とか言われるといちいち反論するのもメンドクサイのか、炊き出しとかやってみたりする。

それでも「じゃあ、その派遣村にさえいけなかったヒトはドウナンの?」あんな場合は?こんな場合は?って言い始めたらキリがない。

知ってか知らずかそういう議論は出てこないようだ。右も左も上っ面だけである。

こんなふうに上っ面な行動しかしない国なら、これまでのように何をやるにもその度にケンケンガクガク右往左往して考えたらいいのである。

変に憲法だの法律だので行動指針を決めてしまうと、ますます考えずに行動する国になって行くんじゃないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省

今日は眠いから、締切が近いから、お酒飲みたいから・・・。

いろいろ理由をつけて、つい手持ちのスキル(それもスゲー希少な。)だけで描きあげてしまっている事が多々あるような今日このごろ。

惰性で描いているとそうなる。こんな事ではイケナイ。

そういう時一番効くのは、ウマい人の絵を見る事。

フェルメールとかの真実絵画でクル時もあったり、ミュシャのようなイラストレイテッドな絵で感激する事もある。そんな権威の確定した人の絵でなくても、市井に絵のウマい人は沢山いてテクニックよりそのイメージの広がりに感動する事もある。

そうして感動したあと自分の絵を見ると。

幻滅するのです・・・shock

よし。頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火災発生!

2009012700320000_4
先日夜中 二軒となりの家が全焼。
実際その場に居合わせると何も出来ないものです。

危機管理って危機の訪れる前に準備しておかなきゃならないのねdanger

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝!オバマ大統領!

初の黒人アメリカ大統領。

個人的には、危機に対してダイナミックに反応するアメリカと言うシステムは素直に凄いと思います。

ただ、漫画家の端くれとしては、とてもネタにしにくい状況である。あのように挙国一致的に盛り上がられてしまうと、ちょっと茶化せない雰囲気になってしまう。

こういう状況と言うのは9.11テロの後もそうだった。

テロと戦うことが絶対の正義と大盛り上がり。挙句の果てがなんだかわからないイラク戦争。

そういう過ちを素直に認めて「チェンジ」のオバマ大統領なんだから判りやすいと言えばわかりやすいが、とばっちりで国を滅ばされた側はいい面の皮である。

「12人の怒れる男達」じゃないが、全員一致とか挙国一致的雰囲気と言うのは、結局アタマのイイ人たちに都合のいいように誘導されてしまいそうで怖いと思うのだけど、そういうことを声高に叫べないのが、これまた最大の怖いトコだと思うのです。

オバマ大統領支持率80%。凄いことです。

でも、あのブッシュ大統領だって9.11の後には支持率90%だった。

民主党でも共和党でも支持できるヒトがほとんどなんでしょうか??

アメリカ人って、柔軟と言えば柔軟なんだけどその節操のなさっぷりを見てると盛り上がって自己陶酔に浸る事が好きなだけじゃないか?と思ってしまうのです。

だからって、そんな漫画を描く勇気はないのだけど。

Obama

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホントはニュース目白押し

こういう時は「時事4コマ」のネームを考えるべきか「デイリー4コマ」の新作「共和国 専守防衛隊」のネームを考えるべきか悩むのです。

結論から言うと、今夜は悩む(&ブログの模様替え・・・)だけで終わった。

こういう夜って、凹むのよ。

Hekomi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自意識過剰

このブログも明らかに他人様の閲覧がゼロだった頃はそれなりに気楽にかつ無責任にテキトーな事を書かせてもらっていたのですが、若干でもお読み頂いてる方がいらっしゃるようなので、それなりに何を書くべきか考えてしまったりしています。

Dareka_2  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

田母神論文と「羞恥心」

以前書いた「田母神論文」で書きそびれた事。

「羞恥心」とかいう変なグループが売り出し中らしい。

「がんば~れ、にっぽん~す~ごい~ぞ、にっぽん」というなんか微妙にウヨ(右寄りね)な歌を紅白でも歌ったのかしらん。

あーゆー歌を能天気に歌い散らす方が、ぼくはよっぽど気味が悪いと思います。

大袈裟かもしれないけど、そうやって無意識下に根拠もないナショナリズムを「思想的に無抵抗な若人」の脳みそに侵入させるこ事ってどうなんでしょう?

比較的論旨は通っていると思われる「田母神論文」は猛反撃していたマスコミ各社だが、そーゆーサブリミナル的に洗脳するような事は平気でやっている。考えすぎか?

そんな、無責任な世の中の雰囲気が「世論」を戦争に導いたのでは???

ぜんぜん旬でない話題ですが、なんか気になっていたので書いてみました。catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝 成人式

ずいぶん昔行った様な、それでいて最近のことだったような・・・。

永遠に続くかに思われた二十代も当然10年間で終わった。体感的にいってすごーく長かったが、その間何をしていたのだろう?何もしてなかったとしか思えない・・・coldsweats02

それを考えると自己嫌悪に陥るが、終わっちまったものは仕方ない。

そこでの経験から判った事は挑戦できるチャンスはとっても限られてる。という事。

「もうちょっと、準備してから取り組もう」なんてのは愚の愚である。思ったが吉日。即断即決。当意即妙。一撃必殺。

beer

昨年の忘年会の話題で「フラッシュやる?」ってのがありました。

なんとなく、敬遠してたのですが。なんか面白そうって気持ちが湧いてきた。(年末)

・・・で、ちょっといじってみた(正月)

それなりに難しそうだが、出来そうな気もした。(正月4日ごろ)

新年の抱負に「フラッシュ作品を6月までに投稿する!」とブログにぶちあげよと思ったが不可能な気持ち&まあどうでもいいか。な気持ち発生(8日頃)

・・・で、今日やっぱりこんな事じゃいけないと再び思いなおし成人式にかこつけて「フラッシュ作品6月・・・は難しそうなので、年内には投稿したいと思いまする!!」と謹んで宣言させて頂くものであります。

少年老い易く学成り難し。

フラッシュが「学」かどうかわかりませんが、「フラッシュ」にこだわる理由は又次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偏差値の高そうな反論方法

ちょっと古いけど田母神論文の反論を反論する雑誌から。

件の論文をボクは読んでいないので、論文自体の論旨は知らないが漏れ聞くところによると「誇りの持てない国の為に命張って戦えるか!?→日本の歴史肯定論」といった感じらしい。

ケチつけられるとすぐ持論を引っ込める現代日本人には珍しくどこまでも主張する態度は流石軍人(?)見習いたいものである。

そのせいか、田母神応援団とも言うべき論陣が出来たようだ。

学識経験者(?)と呼ばれる頭のいい人たちの反論の仕方を研究してみた。

それには3つの方法がある。

1  言語の再定義法   今回は「文民統制」がテーマで反田母神派はその意見態度が文民統制に反するというが、「文民統制」ってのは軍隊の予算や行動を政治が支配する程度の意味で、各隊員の思想を云々する事じゃないんだよ~。ってモノ。

2  歴史認識法   過去の歴史から事実を再確認する。 今回は反田母神派が錦の御旗と掲げる「文民統制」が攻撃の対象。ヒットラー率いるナチス・ドイツ軍やスターリンのソ連軍だって「文民統制」だったんだよ~。「文民統制」のどこが立派なの~論。

3 偉人口伝法   偉い人がこー言ってんだぞ法。 あの大未来学者ハンチントン博士だって「文民統制」なんてきちんと定義されたことはないって言ってんだぞー。

どちらもお互いに都合のいい事実をあつめて論陣をはってるようだが、素人には検証のしようもなく結局は好みの問題になってしまう。

極論をいえば、そんな頭のいい人たちだって昔に戻って過去を検証できるわけもないので所詮はどの資料を信じるか、好みに合ってるかって事になるんじゃないだろうか?

僕はお互いが違う危険性を危惧しているように思う。

田母神派  母国に誇りが持てず国民のメンタリティが低下して日本の崩壊につながる。

反田母神派 右翼的思想が再び国家を覆い世界から見放され日本崩壊。

どちらも国を憂いて頂いてるんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一月のネタ

やっぱりというか、予想以上に暗いニュースが多い。

こういう時は描きづらい。とかいって、同情してもらいたがってるようだが特に同情してくれる人はいない。

でも、自分のなかでなんかマンネリ化してきてる感覚があるので、今週末はなんか新しい試みを開拓してみたい。

ボツになると思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅先にて

旅先にて
信州はなぜかウエスタンな建物が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族旅行

家族旅行
じぃじばぁば妹ちゃんお嫁ちゃん子供ちゃん×2の大所帯で山梨までソリ遊びにきました。happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけまして、おめでとうございます。

休日4日目。

Sirokuro_2 言うほど子供のメンドーを見ているワケではないが、とても大変であります。

泣き叫ぶ0歳児をまえに、金融危機も地球温暖化も大事の前の小事である。

おそらく前頭葉か側頭葉か知らないが、まず最優先で泣く子をどーにかするようプログラミングされているのだろう。

電気屋やるより漫画描く方が大変だと以前書いたが子育てはもっと大変だ。少子化になるわけである。2万やそこらで背負い込むヤツはいない。

だいたい少子化の何処が問題なんだ?このちっちゃい島国少し人口が減った方がいいだろ。

年金が払えないって?そりゃ少子化とは関係なくシステムが崩壊してたんじゃんか。

困るやつってのは、人の集合体を「市場」とか「税収」としか考えない連中の言うことでフツーの人はあんまり関係ないはずである。

だから、税収が減ったり印刷部数が減ったりするとヤバイ、国だの大企業だのマスコミだのがやたら不安をあおるのだろう。別に俺たちゃコマらねーよ。

こーゆー年こそ強気で行きたいものである。

きやがれ世界恐慌!

これで今年はヒマになる。ゆっくり漫画が描けそうだ。

bleah本年もよろしくお願いいたします。今日は酔ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »