« 一月のネタ | トップページ | 祝 成人式 »

偏差値の高そうな反論方法

ちょっと古いけど田母神論文の反論を反論する雑誌から。

件の論文をボクは読んでいないので、論文自体の論旨は知らないが漏れ聞くところによると「誇りの持てない国の為に命張って戦えるか!?→日本の歴史肯定論」といった感じらしい。

ケチつけられるとすぐ持論を引っ込める現代日本人には珍しくどこまでも主張する態度は流石軍人(?)見習いたいものである。

そのせいか、田母神応援団とも言うべき論陣が出来たようだ。

学識経験者(?)と呼ばれる頭のいい人たちの反論の仕方を研究してみた。

それには3つの方法がある。

1  言語の再定義法   今回は「文民統制」がテーマで反田母神派はその意見態度が文民統制に反するというが、「文民統制」ってのは軍隊の予算や行動を政治が支配する程度の意味で、各隊員の思想を云々する事じゃないんだよ~。ってモノ。

2  歴史認識法   過去の歴史から事実を再確認する。 今回は反田母神派が錦の御旗と掲げる「文民統制」が攻撃の対象。ヒットラー率いるナチス・ドイツ軍やスターリンのソ連軍だって「文民統制」だったんだよ~。「文民統制」のどこが立派なの~論。

3 偉人口伝法   偉い人がこー言ってんだぞ法。 あの大未来学者ハンチントン博士だって「文民統制」なんてきちんと定義されたことはないって言ってんだぞー。

どちらもお互いに都合のいい事実をあつめて論陣をはってるようだが、素人には検証のしようもなく結局は好みの問題になってしまう。

極論をいえば、そんな頭のいい人たちだって昔に戻って過去を検証できるわけもないので所詮はどの資料を信じるか、好みに合ってるかって事になるんじゃないだろうか?

僕はお互いが違う危険性を危惧しているように思う。

田母神派  母国に誇りが持てず国民のメンタリティが低下して日本の崩壊につながる。

反田母神派 右翼的思想が再び国家を覆い世界から見放され日本崩壊。

どちらも国を憂いて頂いてるんですけどね。

|

« 一月のネタ | トップページ | 祝 成人式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117369/43694365

この記事へのトラックバック一覧です: 偏差値の高そうな反論方法:

« 一月のネタ | トップページ | 祝 成人式 »