« 旧型インフルエンザで夜も眠れず。 | トップページ | 例の島々返してくれねーそーだ。 »

司馬史観について

先日「この国のかたち」を読んでいたら、日本は日露戦争が終わってから歴史の連続性を感じ得ぬほどに駄目になったと、そのままズバリ書かれておりました。


御本人がそうおっしゃるのだから、もう疑いの余地はない。
先生のお考えはそうなのでしょう。

とはいえ、先生の書籍から読み解く限りにおいて日露戦争における乃木将軍の思考停止的正面突破攻撃も、太平洋戦争のヤケクソ的多方面侵攻作戦もむしろ類似性は感じても、「同じ民族とは思えない」程の行動の違いは感じない。

司馬先生は太平洋戦争当時戦車隊にいたそうである。そこで散々ひどい目に遭われたそうだ。

そういう経験への強烈な拒否感が「太平洋戦争当時の日本は日本ではない」の真相のような気がするのです。
pig

|

« 旧型インフルエンザで夜も眠れず。 | トップページ | 例の島々返してくれねーそーだ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117369/45157503

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬史観について:

« 旧型インフルエンザで夜も眠れず。 | トップページ | 例の島々返してくれねーそーだ。 »