« 指の体操 | トップページ | 相変わらずハマってます。 »

「おくりびと」のチェロ演奏。

突然「おくりびと」のはなし。

もっくんのチェロ演奏。演技としてはすごくうまいけど、プロ奏者という設定にはチトきついですよね。
いきなり、オーケストラの場面に変わったとき「本業は納棺士やってて、趣味でアマチュアオケにやってんのか。おー優雅だなあ~」と思ってしまいました。

でも、「大草原の小さな家」のおとうさんが弾いていたワイパー弾きヴァイオリンに比べたら段違いに名演技だと思います。


もうひとつ。
どうやら、バイオリン系の弦楽器になじみが深くない方は、どうしても「さんさんと輝く太陽の下でバイオリン(チェロ)を演奏!」って場面をご想像されるようなのですが、これはありえません。

うちのオケが特別だったのかも知れませんが、日光に当たると楽器が割れるという言い伝えがあって、おまえらドラキュラかってくらい直射日光を嫌っておりました。当該主人公もオーケストラ出身ですから土手でチェロを演奏しようとは思わないハズです。

ちなみにヨーロッパの路上でちゃかちゃか弾いている方々というのは、バイオリニストではなくフィドラーといわれるアドリブ系の演奏家で、ニスがはげるとか楽器が傷むとかいうことを一切気にかけない種族だそうです。

映画の本題とはぜんぜん関係ない話でした。
Okuribito_2

|

« 指の体操 | トップページ | 相変わらずハマってます。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

SANDAが想像したの?

投稿: BlogPetのちゅう太 | 2009年10月 4日 (日) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117369/46348886

この記事へのトラックバック一覧です: 「おくりびと」のチェロ演奏。:

« 指の体操 | トップページ | 相変わらずハマってます。 »