« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

今回に限りまして…。

Mission30title

作品の事について、「その作品以外の場所で語る事は邪道である。」との考えに共感しているワタクシとしましては、当ブログとかで「専守防衛隊」の内容・テーマについて語るのは潔しとしていないのではあります。

しかし、せっかく頂いたコメントにお答えしないのも又、誠意ある態度とは言えませんので今回に限り(何度かするかも知んないケド。)言い訳させて頂きたいと思います。と、それにかこつけて少々テーマらしきコトについても語らさて頂きます。m(_ _)m

ワタクシ自身の政治的立場について。

いわゆる都市型無党派層という奴で、どこの政党の党員でもなければ長期的に支持している政党があるわけでもありません。

自民党の内部で政権のたらい回しのような事をやっているようなら、民主党に政権交代しちまって良かったとは思っておりますが、過去の選挙において民主党に投票した事は一度もありません。

かといって民主党のすべてが嫌いなワケでもありません。どこの政党もウラでやってる事はそれほど大差ないと思っているので。

じゃナニが言いたかったんだ?オマエは?との声も聞こえそうですが、この上マンガの内容にまで言及するのは白々しいので、あとは読者諸賢のご賢察にお任せするものであります。

それと、コレがいいたかったのです!と一言で言えるようなら漫画を描く必要はないと考えてもおります。

「共和国 専守防衛隊」のテーマについて。

コト日本において、国防を語る事は、なんとなくアブナイ。世界の実情を知っているわけではないが、愛国的である事や自らの国の防衛について考える事はなんら非難される事ではなく、むしろ称賛され誇りに思うべき事。であるのだそうだ。

が、わが日本はどうなんだろう?

「自分の国はいい国だったのだ。」と言った、自衛隊の幹部が一瞬でクビになってマスコミの袋だたきにあった。

自衛隊の幹部といえども袋叩きにできるマスコミをもった我が日本はいい国だともいえるし、「日本の過去の歴史=悪」という世論(があるとするならば)そう言った雰囲気の中でも「日本=正義」という論文がとりあえずとはいえ発表出来た事もこれまたスバラシイのかもしれない。

無論逆もまた真なり。

国防を司る軍人が自分の国を誇りに思っているといっただけなのに、袋叩きにしちゃう売国マスコミに世論を牛耳られたシニタイ国家なのか。

愛国心を絶対的価値に置く(ま、日本以外そのほとんどがそうだと思うのですが。)国々はフツーに軍隊もってて、日夜人殺しの訓練にあけくれて効率的に人殺しをする装置を作っているんですな。

それが、正しいのですか?と問えば答えは否なんでしょうが「だって、みんながヤッてんだもん」自分だけ無防備じゃヤバイじゃん。ってトコなんでしょう。

確かに、チベットを見るまでもなく戦力というのか暴力とういうのか実力手段をもたなければアっというまにチカラに抑え込まれて、言論に訴えたところで利用価値がなければ世界は相手にしないというのが現実。

戦争放棄の理念は美しく正しい。が、理想でメシは食えない。

ホントは暴力的で欧米至上主義な「世界」が間違って、理想主義な日本が正しいのか?世界は非暴力に向かっているのに、疑心暗鬼で世界を疑う日本が間違っているのか?

私のようなアホに判るワケないのであります。

でも、そんなトコに矛盾がある事は感じているので(作中で結論を語るつもりは全くありませんが)そんなトコってのはどんなトコで、その矛盾ってのはどんな矛盾なのか?を表現していきたいと思って描いている「共和国 専守防衛隊」であるとご理解ください。

そんな事が、出来んのかよ?え?(-_-X)

はい。かなり心もとないです・・・。sweat02

そんな不安要素も含めまして、お楽しみ頂ければ幸いでございます。

よろしくお願いいたします。ヾ(´ε`*)ゝ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年の冬

snowすっげー寒いと思うのだけれど、今年の冬が寒いのか、自分がよわっちくなってきているだけなのか、わからないのですよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

御礼

Thunderline_2 「続きが読みたいです」

(konayukifさんmimission28 コメント)

有難うございます!しばらく続けられそうですsweat01

「さんだ さんの時事4コマの大ファンだった。
共和国専守防衛隊も悪くは無いが、時事4コマには遠く及ばないと思うのは俺だけか? 」

(自称猫訓練士 mission29 コメント)

上げて下ろす激励コメント(?)有難うございます!!過去の自分の作品はたぶん超えられると思いますsweat02

「時事4コマ」では会心の作もありましたが、やっちゃった系もままありましたんでcoldsweats02そういうのとくらぶれは「遠く及ばない」って程ではないようなpig

ナンにいたしましても、時事のときは出来なかった「続き物」七転八倒・暗中模索で継続いたします。

どうぞ、よろしくお願いいたしますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

専守防衛隊仕切りなおし?

Mission29title_4  年末の飲み会で春吉86%さんに「さんださん途中でやる気なくなったでしょ」という、聞き捨てならない指摘をされてしまいました。

ち、ちがうのでーす!!

時事&デイリーのペースがつかめなくて、なるだけ思索に耽る時間が取れるように作画の簡略化を図っていただけなのですって!!

1っ本1時間で描き上げるってハナシをきいて(春吉さんが、というわけではない)僕もその境地に近づきたーい!!楽して稼ぎたーい!じゃなくて、時事ネタの研究に当てる時間を捻出しようともがいていたわけです。

Harukichi_2 

しかし。春吉さんは絵を描くよりネタ考えてる時間が楽しいそうなのですが、ワタクシはどちらかというとネタを表現していく過程も楽しみたいコトに最近気づきまして、そのためにはそれなりの労力をつぎ込まないとかえって楽しめないという事実に今回掲載作品から5話目くらいまで描き進めてようやく気づいたのであります。

タイシテ変わってこないじゃないか、とのご指摘も頂くかも知れませんが、今後の画風の変化も楽しんで頂けると幸いでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎駿はかく語りき

実は、各方面で問題発言・暴言を吐きまくっている宮崎氏。

以前はその無名ぶりゆえ、現在はビックネームすぎるゆえ、世間でその言動を問題視する人間はいない。

その世界の宮崎氏、昨年末の対談で現代の時事(?)マンガについて語られました。

pig

最近の大新聞に載ってる1コマ漫画も4こまマンガもごろ合わせみたいなことばかりやっていて本来の仕事をしていない。怠慢である。

現代社会を見ていれば、もっと血の滴るようなマンガが描けるはずだ!と。

さすが、せんせー!その歯に衣きせぬ物言い。マンセー!ハヤオマンセー!であります。フツー同業者にそこまで言えません。格が違うなら違うなりに、違わないならまたそれ相応に相手を持ち上げておくものでありますから。

それは、それとしておっしゃる事はそのとうりでありますから、私も微力ながらそんなマンガが描けるよう心がけたいと思ったのです。good

そもそもサブカルチャーなんてもんは、何を言ったって相手にされない治外法権のようなジャンルであるのだから、変にいいこぶって当たり障りのないことをいっているようじゃ、その本分を果たしていないと言う事なんでしょう。

海の向こうじゃ、政治的に際どいマンガを描く作家は命を狙われたりして、ホントに殺されちゃったりするのですから、風刺ってのは命がけ。だからこそ、いや、それでも表現したいという人のみが残るからその表現も研ぎ済ませれていくのかも知れません。

そんな精神の少しでも持ち合わせたいと思いつつ、デイリー2NDがんばります。angry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年とらぶりまして・・・

新年早々トラブル続きで困っております。

ライブドアのデイリーセカンドの方は順調に立ち上がりましたが、電気屋の方がややこしいことに見舞われております。

俺の所為だったり、他人の所為だったり、俺の所為を人の所為にしてたりしてるのかもしれませんが。

発注した品物とか、書類などなどをですね、毎回間違って送ってくるってどーゆーことですか!?thunder

私の言い方がいけないんですか?字が汚いんですか?

そして、お役人さんは偉いんですか?御客様は神様なんですか?温暖化はどうーナってんですか。車検代が¥40万ってどーゆー計算ですか。

ま、みんなネタにしてやるからなー!!おぼえてろー!!pout

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

毎年年末年始は欠かさずブログを更新していたのですが、
今年はどちらもサボってしまいました。


忙しいのか、めんどくさいのか、気力がつきたのか?

禁煙は続いているのですが、忘年会では2~3本ふかしましたかね。
酒が抜けると吸いたくなくなるので、okという事にしております。

pen
ライブドアの「時事4コマ」残念ながら終了してしまいました。

途中から「専守防衛隊」と同時連載したのは厳しかった。ワタクシの力不足で、どっちも迷走してしまいましたが、今年からは(イイワケできないように?)「専守防衛隊」一本に絞って新たな表現を模索していきたいと思っております。

本年もよろしくお願いいたします。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »