« 今年の冬 | トップページ | どうも! »

今回に限りまして…。

Mission30title

作品の事について、「その作品以外の場所で語る事は邪道である。」との考えに共感しているワタクシとしましては、当ブログとかで「専守防衛隊」の内容・テーマについて語るのは潔しとしていないのではあります。

しかし、せっかく頂いたコメントにお答えしないのも又、誠意ある態度とは言えませんので今回に限り(何度かするかも知んないケド。)言い訳させて頂きたいと思います。と、それにかこつけて少々テーマらしきコトについても語らさて頂きます。m(_ _)m

ワタクシ自身の政治的立場について。

いわゆる都市型無党派層という奴で、どこの政党の党員でもなければ長期的に支持している政党があるわけでもありません。

自民党の内部で政権のたらい回しのような事をやっているようなら、民主党に政権交代しちまって良かったとは思っておりますが、過去の選挙において民主党に投票した事は一度もありません。

かといって民主党のすべてが嫌いなワケでもありません。どこの政党もウラでやってる事はそれほど大差ないと思っているので。

じゃナニが言いたかったんだ?オマエは?との声も聞こえそうですが、この上マンガの内容にまで言及するのは白々しいので、あとは読者諸賢のご賢察にお任せするものであります。

それと、コレがいいたかったのです!と一言で言えるようなら漫画を描く必要はないと考えてもおります。

「共和国 専守防衛隊」のテーマについて。

コト日本において、国防を語る事は、なんとなくアブナイ。世界の実情を知っているわけではないが、愛国的である事や自らの国の防衛について考える事はなんら非難される事ではなく、むしろ称賛され誇りに思うべき事。であるのだそうだ。

が、わが日本はどうなんだろう?

「自分の国はいい国だったのだ。」と言った、自衛隊の幹部が一瞬でクビになってマスコミの袋だたきにあった。

自衛隊の幹部といえども袋叩きにできるマスコミをもった我が日本はいい国だともいえるし、「日本の過去の歴史=悪」という世論(があるとするならば)そう言った雰囲気の中でも「日本=正義」という論文がとりあえずとはいえ発表出来た事もこれまたスバラシイのかもしれない。

無論逆もまた真なり。

国防を司る軍人が自分の国を誇りに思っているといっただけなのに、袋叩きにしちゃう売国マスコミに世論を牛耳られたシニタイ国家なのか。

愛国心を絶対的価値に置く(ま、日本以外そのほとんどがそうだと思うのですが。)国々はフツーに軍隊もってて、日夜人殺しの訓練にあけくれて効率的に人殺しをする装置を作っているんですな。

それが、正しいのですか?と問えば答えは否なんでしょうが「だって、みんながヤッてんだもん」自分だけ無防備じゃヤバイじゃん。ってトコなんでしょう。

確かに、チベットを見るまでもなく戦力というのか暴力とういうのか実力手段をもたなければアっというまにチカラに抑え込まれて、言論に訴えたところで利用価値がなければ世界は相手にしないというのが現実。

戦争放棄の理念は美しく正しい。が、理想でメシは食えない。

ホントは暴力的で欧米至上主義な「世界」が間違って、理想主義な日本が正しいのか?世界は非暴力に向かっているのに、疑心暗鬼で世界を疑う日本が間違っているのか?

私のようなアホに判るワケないのであります。

でも、そんなトコに矛盾がある事は感じているので(作中で結論を語るつもりは全くありませんが)そんなトコってのはどんなトコで、その矛盾ってのはどんな矛盾なのか?を表現していきたいと思って描いている「共和国 専守防衛隊」であるとご理解ください。

そんな事が、出来んのかよ?え?(-_-X)

はい。かなり心もとないです・・・。sweat02

そんな不安要素も含めまして、お楽しみ頂ければ幸いでございます。

よろしくお願いいたします。ヾ(´ε`*)ゝ

|

« 今年の冬 | トップページ | どうも! »

まんがのこと。」カテゴリの記事

コメント

パチパチパチ!拍手!

更新の度に読ませて頂いてますが、コメントではお久しぶりです。
政治的な発言は難しいですよね。
臆病で無知な私は、ブログに書く力もありませんが、良く理解できます。

拍手で~す!!!!

投稿: なのはな | 2010年1月30日 (土) 11時01分

更新の度にお読み頂けているとは、誠に恐縮です。

気まぐれな内容・文章でお恥ずかしいですが、お楽しみ頂ければ幸いです。

今後も、よろしくお願いしたします(o^-^o)

投稿: さんだ | 2010年1月31日 (日) 17時15分

党の支持も何も、鳩山首相(当時鳩山代表)の政治献金収支報告書から故人や献金していない人の名前が勝手に使われて政治献金偽装された疑惑が明らかになっていて、その段階で

『勢いで乗りきれ!!』

・・・・時事4コマの麻生内閣時代に政治と金の問題のことをネタにしてホテルのバーから政治献金の存在自体まで散々批判混じりの漫画書いておいて、鳩山首相だったら勢いで乗りきれ。

読者諸賢のご賢察から言わせて貰えば、

『さんだは民主信者』

としか思えんぞ。
鳩山首相の脱税が明らかになって、しかも追徴課税や重加算税の時効で懲罰税を免れて、しかも閣僚の起訴は首相が判断する特権を悪用して起訴を免れた、限りなく金に汚い実態があるにもかかわらず、さんだはネタにせずに知らんフリ決め込んでる時点で何の説得力も無い。

投稿: ゼロウィン | 2010年2月 5日 (金) 03時38分

ご説ごもっともにございます。
あまり、深読みせず読み飛ばして頂ければ幸いでございます。m(_ _)m

投稿: さんだ | 2010年2月 6日 (土) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117369/47413711

この記事へのトラックバック一覧です: 今回に限りまして…。:

« 今年の冬 | トップページ | どうも! »