« そうだ、ブログを書こう。 | トップページ | 2011年!! »

北朝鮮のおばちゃん

Richunhi_2 大本営発表みたいなことしてる例のアナウンサーさんですが、だんだん痛々しく見えて来ます。

なんちゅー小憎らしいババアだとおもった時もありましたが、あのヒトだっていい加減自分の国がもう後に引けないくらいやばい事になってるコトは判ってるハズ。

きっと「その日」が来たら、体制の大看板だった自分にどんな運命が待ってるか、そんな事も、わかっちゃいるんじゃないでしょうか。

そういった事情を知ってか知らずか後任にその席を譲るでもなくその席に居座り続けるのは、「その日」が来たとき噴出するであろうすべての怨念を自分で引き受けるおつもりだからなのかもしれない。

そんな風に考えると、もしかするとすごくいいヒトなのかもしれないと思ってみたりして、人類の可能性を信じてみたくなったりするのです。

一族の保身だけを考える強欲ばばぁって方が理解しやすいですが、そうゆうストーリーにはもうアキアキしましたので。

|

« そうだ、ブログを書こう。 | トップページ | 2011年!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117369/50409017

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮のおばちゃん:

« そうだ、ブログを書こう。 | トップページ | 2011年!! »