« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年4月

戦争状態

ボクは全くの戦争も戦後も知らない世代だけど、震災以降の世相は「戦争状態」って感じます。

つい先日まで我がままし放題。快適で便利な生活こそ正義。お客の我がままや怠惰に乗っかって要らないものもでも何でも売りつけて上手く儲けたヤツが勝ち!って言ってたのに急転直下「がんばろう日本!」

何を言ってんだ、状況が変わったんだ。東北の為、日本の未来のために多少の犠牲はいとわずがんばろう。

まさしくその通りなんだけど、そのロジックはボクが伝え聞いている太平洋戦争の時のスローガンと一緒なんだよね。

Jisinnkeihou_2

たぶん天皇陛下がお見舞いに来たって嬉しくねぇとか文句言ってるヒトも逆にカン総理が来たって喜んでるヒトもはたまた石原軍団の炊き出しだってパフォーマンスじゃねえかなんて意見は絶対あるはずなんだけど、いわねーんだよ。結局。

国や軍部がやんなくたって勝手に報道統制するのは報道のもはや本質だと思う。限られた時間で報道する以上放送ソースの選別は必然でそれを行うこと自体客観性を排除するのだから。

そして「助け合い」も「祖国(子供)の未来」も疑うべきもなき正義。ここで「思考停止」がおきて「ガンバル」

今回の敵は自然災害だからコレでいいのだけれど、例えばキタの将軍様の放ったバクダンだったらどうなんのか?

平和憲法だの戦争放棄だのってお題目は一瞬で吹き飛びそうだ。

だって、「状況」が変わったんだもの。ばかいってんじゃねー!お国の為だ。贅沢は敵だ!節電しろ。ちょっとくらい放射能が混じってるくらいで文句言うな。きゃつらの爆弾で殺された人々のコトを思え!

3日でそうなるでしょう。

ナショナリズムは集団の生存すなわち自分自身の生存に直結する本能だが、平和憲法ってのは理念であり、理想であり、願望である。

そういったフィクションが「本能」と言う現実に勝つわけがない。ごく少数の「聖人」を除いて。

一応三流大学の法学部卒で売れない漫画家である私の意見を言わせていただくとですね、憲法と言った社会科学なハナシで「永久」とか使っちゃいけません。(~は永久に之を放棄する。ってやつ)

「永久」って言葉を使えるのは文学とかマンガの世界です。
なんで有限な命しか持たない人間が「永久」の約束をできるわけ?

だいたい誰の許可を得て「永久」とかいってだよ。いかにも一神教の連中のいいそうな事じゃん?

八百万(やおよろず)の神のいる国で勝手にそんな約束したって誰も信じちゃいないのである。

ボクだって最初に小学校の教科書で「永久に放棄しました。」って聞いた時にゃ「へーそういう。建前にしといたんだ。ふーん」って子供心におもいましたよ。
danger

日本人のいや、人間の本質ってのは少々豊かな時代が続いたからって変わるもんじゃないと思いましたね。
外部からの圧力がかかればその存続にかけて集団は結束するし、圧力が弱まれば内部のエントロピーが増大し腐敗ガスが溜まるように膨張し周囲に迷惑をかけつつ崩壊してゆく。

日本って国はその自然災害の多さから、あるいはそれゆえローマ帝国を代表とする過去に繁栄を極めつつ腐り落ちていった文明のような崩壊を見ずに済んでいるのかもしれないのではないでしょうかねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首がぁ!

息子の入園式の為、着慣れないスーツをきたら首に激痛が走った。
いわゆるツッた状態だろうと放っておいたら、昼過ぎには正に「首が回らない」状態に・・・。

近所のお医者さんの見立てによると、首でおきたぎっくり腰みたいなもの。だそうだ。

痛み止めの注射を打ってもらったのですが、今現在さらに痛いのです。

たぶん原因は昨晩久々に弾いたエレキバイオリン。

内臓アンプのエコーを効かせると、なかなか面白く深夜のソロ・コンサートになってしまい多分2時間少々弾いてしまったようなのです。

アコースティックのバイオリンならたぶんどうってコトなかったはずなんですが、エレキ(というかサイレント・バイオリンなんですが、アコースティックのバイオリンに鉄ミュートかぶせた方がよっぽどサイレント)はチト重い。


そこらへんが首に負担をかけた原因でありましょう・・・。

しかし、リアル世界の方々には、仕事が原因という雰囲気を醸し出しておこうと思っている。あらふぉーオヤジなのですた。Piki


| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙です。

常に脳内のイチ部署で新作のアイディアを練ってはいるのですが、ダメです。
もうカミングアウトです。
昼間の仕事が終わって、また夜な夜なパソコンに向かって画を描くという修行僧のような生活に戻るのもかったるくなってきた。( ̄▽ ̄)

Slp_2

ここ数年バイオリンにはまってます。
オタクな学生オーケストラ時代の思い出も大分薄まって素直に練習を楽しめるようになってきました。

バイオリンのいいトコは、あんまり頭使わなくていいトコ。練習のたびに新しいネタとかいりません。
とりあえず好きな曲をしつこく練習し続ければ上手くなる。

絵はねぇ。いくらかいても上手くならないような・・・。ええ。才能ありませんから。( ̄ー+ ̄)
そして、結構つかれんだよね。構図考えたりするだけでも。歳か・・・?←あらふぉー

ごめんなさいっグッドポイント押してくれていた皆様!すいません ライブドア!

いつか、ナイスなアイディア引っさげてカムバックできたらいいなー!!なんて・・・。(≧∇≦)残された時間の短さを感じる今日この頃。

それは、それとして、国民の義務 選挙権の行使に行ってまいりました。

今回の選挙、運動自粛されすぎてフツーに生活している(つもりの)ボクには各立候補者の主張も理念もまるで伝わらず。

選挙前に調べようとするも、ネットでは検索できないし、新聞にも載ってないし、結局何となく選ぶしかなくなっちゃうんですよね。

そういういい加減な投票ならしない方がいいような気もしましたが、いろいろ人間関係もあるので投票所にいったのです。

「民主政治」を勝ち取るために費やされた多くの犠牲に申し訳なく思いつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自粛ムードを自粛??

節電です。節約です。無駄な買い物は止めましょう。No買占め。

いいんじゃない?
無駄に無駄を重ねるような現代文明のあり方を見直すチャンスにするしかない。とは世界のハヤオ先生の言であります。

無駄の極地とも言うべきアニメーション作家・ジブリ経営者の言だからこそ逆に説得力があるのでしょうか。
そうだ、人間はもっとシンプルに生きるべきだ。

Asu_3

しかし。
ココのところワイドショーの評論家センセーの主張は「自粛を自粛しよー。また、無駄遣いをどんどんやってケーザイ発展しよー」である。

貧しい!!
なんと、貧相で哀れな発想なの!?crying

「文明のあり方を見直そう!」ですよ?ハヤオ先生は。どうですこの大風呂敷。
つまり、日の出と共に起きて、日没と共に休もう!です。

遠くへ旅するのは大変なコトなのです。東京ー大阪間を日帰りするようなあくせくした工程を組むのは止めましょう。

夜は暗いものです。夜な夜な遊びに行くのは止めてさっさと寝ましょう。

人間一匹移動するのに2トンもある鉄の塊転がすのは止めましょう。

日々の生活をイチからみなおして、原子力発電がなくても、大量のガソリンがなくても幸福に生きられる道を切り開きましょう!

どうです。コレが文明のあり方を見直すってことでしょう??(ほんとか?)

極論はさておき。

家も街も節電してみると、コレまでいかに無駄使いしていたかわかります。
商売柄表立ってはいえないけど、まあ贅沢しすぎでしたよね。

もうすこし不自由の方が人間しゃんとしそうです。

ケーザイハッテン=幸福って図式がどうも胡散臭くて飲み込みたくないのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱ、ダメみたいです。

ホントのコトいって、4月にはライブドア4コマに復活しようと考えていたのです。

家族全員「殿下」な”オール殿下住宅”

Alldennka

Noburi

でも、なんか構想を練っているうちにスネオ君一家みたいな金持ち一家ってのも新鮮味に欠ける気がして、
逆に、チョー天才なんだけどあまりの潔癖主義な性格ゆえに社会に溶け込めない青年を主人公にした、

”非正規雇用者 武者小路さん”というのを結構本気で掘り下げてみたのです。

Musha

これまたところが、掘り下げてるうちにやっぱ、またキタの将軍様とか、カダフィ大佐とか描きたくなってきました。
「非正規労働者」が主人公だとどうも話が限定されてくる。

そこで、今度はタイトルで主人公の説明をするのはやめて、テーマを説明するヤツ(例えば、”コージ苑”とか”振り返ればヤツがいる”)みたいなとりあえずどんな内容やってもタイトルとの整合性は保てる見たいなのを狙ってみた。それが

”その時、わたしは気づいた”

Sonotoki

にしてもぉ。

やっぱ漠然としてて気にいらず、ここへきてようやく”専守☆防衛隊 NEO"で行こうと思ったのが3月8日あたりだったでしょうか。

Neo

そこへ未曾有の大震災。

ボクの描きたいキャラってのは斜に構えて嫌味っぽいヤツです。
しかし、こういうキャラって描くのは好きなんだけど読むのは嫌い。描いた後読み返すと自己嫌悪に陥る。

だいたい、こんな時に描いてみたいネタがない。

かといって、宮崎駿か鳥山明?あるいは藤子不二雄のような健全な主人公ってのは描けない。無理に描こうとすると意識が遠のく位自己嫌悪にこれまた陥る。

つまり、新作 描けないのです。

weepどうしましょう。

おまけ・・・

”見境なき”ってのは先着があったので「品格なき記者団」ってのもあったのです。

Hinnkaku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »