祝 第1章終了。

Manninn 構想5年 製作日数約1ヶ月のワタクシのいい加減な4コマまんが「ねことたぬきの白夜子」多くの方々にご覧頂き、この師走の忙しい時にかくも多くの暇人がいた物かと驚いてる次第であります。(←冗談)

いや、感謝感激。そして、喜びの極みでございます。ほんとに。

ありがとうございました。

調子に乗って、「ねことたぬきの白夜子 シーズンⅡ(仮称)」装いもそのままに公開未定でございます!!

その節は、またしても どうぞ何卒よろしくの程を。

sanda

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パラまんが

既に2話分描いてしまったのに、名乗りを上げていない主人公のペンギン君。

この手の4駒マンガの主人公は選挙の立候補者よろしく、しつこいくらいに連呼して名前を覚えてもらうのがこの世界の常識。

それの出来ぬ奴は(マンガ)は、問答無用でボツ。主人公にUturou 感情移入できない作品は即つまらないモノであるから、そーゆーマンガはこの世に存在する意味がないのである。

ゆえにボツ三郎というセンもありますね。

しかし、おそらくチョーニッチな掲載誌という生存エリアに潜り込んだ彼はこれまた、ちょーマイナーなネタで生きてゆけるかもしれません。

ゆえにネタ兵衛も捨てがたい。

しかし、天才的フライヤーにしてSF評論家であるアネゴズル(アネハではない)さんから、鬱郎という怪しい名も頂いたので3作目あたりでは名乗らせようと思ってます。

P.S. PW買ってあげましょう。立ち読みでもいいですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)