迎春

あけまして、おめでとうございます。


(^-^;

2012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯痛

治療したばかりの歯が痛むのだけど、気が弱い私としては歯医者の治療にケチつけるようで申し訳ないので、がまんしてしまうのです。bearing

Gate

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑草まにあ

廃墟マニアという方々がおりまして、そういった方々が撮影した写真集やウェブなどを拝見しているうちに、いつしか私も廃墟ファンになってきました。

くに滅びて山河アリ 宴のあと感というか所業無常観というかすべてを否定しているのに誰の支配もうけない感じがいいのです。pig

Tanmatu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦争状態

ボクは全くの戦争も戦後も知らない世代だけど、震災以降の世相は「戦争状態」って感じます。

つい先日まで我がままし放題。快適で便利な生活こそ正義。お客の我がままや怠惰に乗っかって要らないものもでも何でも売りつけて上手く儲けたヤツが勝ち!って言ってたのに急転直下「がんばろう日本!」

何を言ってんだ、状況が変わったんだ。東北の為、日本の未来のために多少の犠牲はいとわずがんばろう。

まさしくその通りなんだけど、そのロジックはボクが伝え聞いている太平洋戦争の時のスローガンと一緒なんだよね。

Jisinnkeihou_2

たぶん天皇陛下がお見舞いに来たって嬉しくねぇとか文句言ってるヒトも逆にカン総理が来たって喜んでるヒトもはたまた石原軍団の炊き出しだってパフォーマンスじゃねえかなんて意見は絶対あるはずなんだけど、いわねーんだよ。結局。

国や軍部がやんなくたって勝手に報道統制するのは報道のもはや本質だと思う。限られた時間で報道する以上放送ソースの選別は必然でそれを行うこと自体客観性を排除するのだから。

そして「助け合い」も「祖国(子供)の未来」も疑うべきもなき正義。ここで「思考停止」がおきて「ガンバル」

今回の敵は自然災害だからコレでいいのだけれど、例えばキタの将軍様の放ったバクダンだったらどうなんのか?

平和憲法だの戦争放棄だのってお題目は一瞬で吹き飛びそうだ。

だって、「状況」が変わったんだもの。ばかいってんじゃねー!お国の為だ。贅沢は敵だ!節電しろ。ちょっとくらい放射能が混じってるくらいで文句言うな。きゃつらの爆弾で殺された人々のコトを思え!

3日でそうなるでしょう。

ナショナリズムは集団の生存すなわち自分自身の生存に直結する本能だが、平和憲法ってのは理念であり、理想であり、願望である。

そういったフィクションが「本能」と言う現実に勝つわけがない。ごく少数の「聖人」を除いて。

一応三流大学の法学部卒で売れない漫画家である私の意見を言わせていただくとですね、憲法と言った社会科学なハナシで「永久」とか使っちゃいけません。(~は永久に之を放棄する。ってやつ)

「永久」って言葉を使えるのは文学とかマンガの世界です。
なんで有限な命しか持たない人間が「永久」の約束をできるわけ?

だいたい誰の許可を得て「永久」とかいってだよ。いかにも一神教の連中のいいそうな事じゃん?

八百万(やおよろず)の神のいる国で勝手にそんな約束したって誰も信じちゃいないのである。

ボクだって最初に小学校の教科書で「永久に放棄しました。」って聞いた時にゃ「へーそういう。建前にしといたんだ。ふーん」って子供心におもいましたよ。
danger

日本人のいや、人間の本質ってのは少々豊かな時代が続いたからって変わるもんじゃないと思いましたね。
外部からの圧力がかかればその存続にかけて集団は結束するし、圧力が弱まれば内部のエントロピーが増大し腐敗ガスが溜まるように膨張し周囲に迷惑をかけつつ崩壊してゆく。

日本って国はその自然災害の多さから、あるいはそれゆえローマ帝国を代表とする過去に繁栄を極めつつ腐り落ちていった文明のような崩壊を見ずに済んでいるのかもしれないのではないでしょうかねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首がぁ!

息子の入園式の為、着慣れないスーツをきたら首に激痛が走った。
いわゆるツッた状態だろうと放っておいたら、昼過ぎには正に「首が回らない」状態に・・・。

近所のお医者さんの見立てによると、首でおきたぎっくり腰みたいなもの。だそうだ。

痛み止めの注射を打ってもらったのですが、今現在さらに痛いのです。

たぶん原因は昨晩久々に弾いたエレキバイオリン。

内臓アンプのエコーを効かせると、なかなか面白く深夜のソロ・コンサートになってしまい多分2時間少々弾いてしまったようなのです。

アコースティックのバイオリンならたぶんどうってコトなかったはずなんですが、エレキ(というかサイレント・バイオリンなんですが、アコースティックのバイオリンに鉄ミュートかぶせた方がよっぽどサイレント)はチト重い。


そこらへんが首に負担をかけた原因でありましょう・・・。

しかし、リアル世界の方々には、仕事が原因という雰囲気を醸し出しておこうと思っている。あらふぉーオヤジなのですた。Piki


| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙です。

常に脳内のイチ部署で新作のアイディアを練ってはいるのですが、ダメです。
もうカミングアウトです。
昼間の仕事が終わって、また夜な夜なパソコンに向かって画を描くという修行僧のような生活に戻るのもかったるくなってきた。( ̄▽ ̄)

Slp_2

ここ数年バイオリンにはまってます。
オタクな学生オーケストラ時代の思い出も大分薄まって素直に練習を楽しめるようになってきました。

バイオリンのいいトコは、あんまり頭使わなくていいトコ。練習のたびに新しいネタとかいりません。
とりあえず好きな曲をしつこく練習し続ければ上手くなる。

絵はねぇ。いくらかいても上手くならないような・・・。ええ。才能ありませんから。( ̄ー+ ̄)
そして、結構つかれんだよね。構図考えたりするだけでも。歳か・・・?←あらふぉー

ごめんなさいっグッドポイント押してくれていた皆様!すいません ライブドア!

いつか、ナイスなアイディア引っさげてカムバックできたらいいなー!!なんて・・・。(≧∇≦)残された時間の短さを感じる今日この頃。

それは、それとして、国民の義務 選挙権の行使に行ってまいりました。

今回の選挙、運動自粛されすぎてフツーに生活している(つもりの)ボクには各立候補者の主張も理念もまるで伝わらず。

選挙前に調べようとするも、ネットでは検索できないし、新聞にも載ってないし、結局何となく選ぶしかなくなっちゃうんですよね。

そういういい加減な投票ならしない方がいいような気もしましたが、いろいろ人間関係もあるので投票所にいったのです。

「民主政治」を勝ち取るために費やされた多くの犠牲に申し訳なく思いつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自粛ムードを自粛??

節電です。節約です。無駄な買い物は止めましょう。No買占め。

いいんじゃない?
無駄に無駄を重ねるような現代文明のあり方を見直すチャンスにするしかない。とは世界のハヤオ先生の言であります。

無駄の極地とも言うべきアニメーション作家・ジブリ経営者の言だからこそ逆に説得力があるのでしょうか。
そうだ、人間はもっとシンプルに生きるべきだ。

Asu_3

しかし。
ココのところワイドショーの評論家センセーの主張は「自粛を自粛しよー。また、無駄遣いをどんどんやってケーザイ発展しよー」である。

貧しい!!
なんと、貧相で哀れな発想なの!?crying

「文明のあり方を見直そう!」ですよ?ハヤオ先生は。どうですこの大風呂敷。
つまり、日の出と共に起きて、日没と共に休もう!です。

遠くへ旅するのは大変なコトなのです。東京ー大阪間を日帰りするようなあくせくした工程を組むのは止めましょう。

夜は暗いものです。夜な夜な遊びに行くのは止めてさっさと寝ましょう。

人間一匹移動するのに2トンもある鉄の塊転がすのは止めましょう。

日々の生活をイチからみなおして、原子力発電がなくても、大量のガソリンがなくても幸福に生きられる道を切り開きましょう!

どうです。コレが文明のあり方を見直すってことでしょう??(ほんとか?)

極論はさておき。

家も街も節電してみると、コレまでいかに無駄使いしていたかわかります。
商売柄表立ってはいえないけど、まあ贅沢しすぎでしたよね。

もうすこし不自由の方が人間しゃんとしそうです。

ケーザイハッテン=幸福って図式がどうも胡散臭くて飲み込みたくないのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京タワーとスカイツリーとブンメー論

おもちゃ屋で東京タワーとスカイツリーの模型を見ていて思いつきました。
 
日本人なら誰もがご存知「東京タワー」
エッフェル塔がモデルというより高圧線の鉄塔を
スケールアップしただけのように見える、
なんともやっつけ工事な鉄塔ですが、スカイツリーと見比べたら、
無骨なんだけど、人情味あふれるいいヤツに見えてきた。
何でだろう?懐古趣味かな・・・?何でだろう・・・?
danger
そこで、勝手な文明論に突入します。
私の尊敬する養老先生によれば
「文明とはピンとはったシーツの一点を摘み上げるようなもの」
だそうである。
世の中全体が平均的に向上するのではなく、
一部の国なのか地域なのか集団なのか、
そのあたりは個人の見解によるところなのだが、
とにかくある一部が発展し、
その周辺が引っ張られる形で徐々に向上していく
ということのようだ。
日本のような中央集権的な国で言えば
東京の霞ヶ関を中心に近代化が進み中央から離れるほど
文明化の度合いは低下していく、
イナカ臭くなってゆくってことでしょう。
再び縁起のいい末広がり構造の東京タワーに戻ります。
Zu1
実際の工事でも今ほど機械化の進んでいない時代、
多くの人々に仕事を供給したであろうことが予想できます。
養老先生的文明論でいえば、
そのカタチの通り広く周辺にわたっての
「文明化」に寄与したことでしょう。
かかるに、スカイツリーです。
Zu2 
ナンでしょうか、あれは。
マッチ棒を突き刺したような、孤立無援・自主独立的イデタチ。
最少の面積で効率的に高さを確保した
近代的建築物といっておきましょうか。
人手頼みの東京タワーと違い
こちらは工場で組み上げた部品を組み立てるプレハブ構造。
独自に開発した最新の工法といえば聞こえはいいが、
閉鎖的なグループ企業間のみで完結した
事業形態であることが推察されます。
支えるでもなく支えらえれるでもなく
起立するその姿は、さながら昨今言い募られる
「無縁社会」の象徴のようでもあり、
末の広がり具合に乏しく、一気に頂点に達するそのカタチは、
勝ち組負け組みの違いがより鮮明化した
格差社会とやらの隠喩のようでもある。




typhoon
「格差社会」といわれて久しいが
「格差」のない社会などないのが真実である。
よく注意して聴いていると、テレビのコメンテーターあたりでも
「格差が悪いのではなく格差が固定化されるのがわるいのです」と
声を小にしていっておられる。
なるほど、「固定化」されない格差なんてものがあるのか知らないが、
あなたも私も今は「下」でもいずれは
「中」になり「上」なる「可能性」もありますよ。と
ここでいう「可能性」の事を映画「マトリックス」では「選択」といった。
パンドラの箱伝説(?)で言えば
「最後に希望だけが残された」ってヤツである。
これは一種の宗教である。
救われるものは救われるのだが、
救われないものは信心(努力)が足りないというのだから。
ま、ともかくそういう説得の仕方はあるだろう。
が、現実的に言って格差は常に存在し常に固定化にむかう。
が、エントロピー増大の法則よろしく
いずれ、限界に達しその社会構造は崩壊する。
そして、あの不吉なタワー・スカイツリーの不安定さは
崩壊寸前の危険な「格差社会」の今を象徴しているんじゃなかろーか。
そして、その時 スカイツリーはそれまでの世界の墓標となるであるsign02
ややこしくなってきた。
へそ曲がりの私としては、
みんなが嬉しそうに騒いでいるとなんとなく
ケチを付けたくなるのである。(嫌な性格だ)
浅草スカイツリー(浅草ってつくとなんかコミカルsweat02)の完成で
相対的に横浜マリンタワーの存在感が薄くなる


事を危惧するイチ横浜市民のたわごとでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年!!

明けましてオメデトウございます!!

2011usa

今年の家電業界はエコポイント特需も過ぎ去って、たいそう不景気きであろうなあ。・・・ヒマだなあ・・・。だったら今年こそ4コマ漫画を脱出して、ストーリー漫画へと念願の進化を遂げる絶好のチャンスの年ではないか!?よし、やるぞ!と後ろ向きか前向きか判らない所信表明をもって新年の挨拶とかえさせていただきました。

で、この時期よく「○日が出国ラッシュのピークです。」とかいって報道される日本脱出者の映像。

Narita

貧相な顔した人たちが、ガキンチョつれて成田空港の出国ゲートで難民よろしく行列してるあの風景ですね。

ボクは最近まで、ずっと当該群集に対して、ご苦労なコトだなあ。私自身としては、ああいう事態に巻き込まれないことを切に祈る次第だなあ。と漠然と感じていたのであります。

いやいや、しかしも、昔も、何もかにも。少ない海外旅行の経験と、2児の父としての経験。およびハッタツショーガイな私の精神年齢を踏まえて当該事象を再び考察いたしましたところ、ですね。

あの人たちって、すげーセレブだったんじゃん。と、ようやく気づきました。僕など、もう2回くらい生まれなおしても、そんな生活が出来る気がしません。

でも、そんな、ゴージャスな人生送ってたら、やっぱり正月くらい快適な我が家で家族団らんといきたいトコだろうと、大掃除で出てきたすっぱいワインを飲みながらひがんでみた2011年の始まりでございました。

本年も、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮のおばちゃん

Richunhi_2 大本営発表みたいなことしてる例のアナウンサーさんですが、だんだん痛々しく見えて来ます。

なんちゅー小憎らしいババアだとおもった時もありましたが、あのヒトだっていい加減自分の国がもう後に引けないくらいやばい事になってるコトは判ってるハズ。

きっと「その日」が来たら、体制の大看板だった自分にどんな運命が待ってるか、そんな事も、わかっちゃいるんじゃないでしょうか。

そういった事情を知ってか知らずか後任にその席を譲るでもなくその席に居座り続けるのは、「その日」が来たとき噴出するであろうすべての怨念を自分で引き受けるおつもりだからなのかもしれない。

そんな風に考えると、もしかするとすごくいいヒトなのかもしれないと思ってみたりして、人類の可能性を信じてみたくなったりするのです。

一族の保身だけを考える強欲ばばぁって方が理解しやすいですが、そうゆうストーリーにはもうアキアキしましたので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧