禁煙 6年目

Aienka

もうぜんぜん吸いたいと思いません。
他人が吸っていても、あえて税金を上乗せしてお支払い頂いていてありがたいコトだなあ・・・。と感じるくらいでしょうか。

それと、タバコに害があるというのは、石油業界の陰謀だよ説もまんざらじゃないとおもっております。
温暖化の罪はかぶるけど、(大気汚染の所為で)人体に害があるってのは勘弁してよ。じゃあ、肺がんは誰の所為にしようか?そうだタバコの所為にしよう・・・。という内容らしい。

よく喫煙者の肺は真っ黒だとかいわれるが、解剖学者の養老先生によれば、肺というのは一度取り込んだものを排出することが出来ない。センセイの解剖したヒトの肺はすべて黒かったと。

ゆえに、ニコチンで肺が真っ黒になるハナシは単なるブラフだし、たばことガンとの因果関係はないと。

一般人には検証しようのない話だし、養老せんせー自体愛煙家ということを考えると、どっちの説も胡散臭いが、
結局なんだか判らない。というのが真相なんじゃなかろうか。

それゆえ、他人様に禁煙を勧めることはしないのです。

しかし。一度脳梗塞やったうちの親父。アナタはおやめください。
再発して半身不随とかややこしいことになったとき、面倒みなきゃならなくて、その時「くそ~!だから止めとけといったのに!!!(-_-X)」と思わざるを得ないじゃないですか。

吸わずに再発したら、同情できますけどね。

ん?ってことは、吸ってて再発されたほうが看病するほうは、(好きなことやってて再発しやがって!)と精神的に楽なのか?

ま、秋山好古の「持ち物は将校行李と割れ茶碗一つ」という価値観にあこがれる私としては、タバコなんて余計なモン吸わずに済むなら吸わないでおこう。という6年目であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会・新年会とタバコ

Chuunankai 本来のテーマである禁煙のはなし。

普段はぜんぜん吸いません。吸いたいと言う事を思い出さないと言ったほうがいいかもしれない。

しかし、酒が入った時やその会がとーってもつまらなくて間が持たない時。吸います。

わーい!!これぞ正しい喫煙の姿。

酔いがさめると吸いません。常習犯にならずともタバコは吸えるのです。といってもモロに吸い込んだらモハヤ死んでしまうので飲み会のときの喫煙はもっぱら吹かしてるだけ。

「あーもーうざいなぁ!話しかけてくんなよっ」と煙幕をはってるわけですね。

忘年会で仲南海を吸った。(吹かした。)新年会ではまだ一本も吹かしていない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)